かえるのごみばこ

嗚呼、学習の日々から削除した記事をためています

オススメ副業Amazon輸出のセミナーに行ってきた!2-10

f:id:aaafrog:20151025094339p:plain

みなさまごきげんよう!

嗚呼蛙でございます!

 

以前の記事で書いたAmazon輸出のセミナーに行ってきました。

全10回コースの第2回で、アメリカのAmazonの販売者アカウントと振り込み用口座の開設を教わってきました!

ということで今日は、Amazon輸出のお話第2回です。

 

Amazon輸出ってなんじゃ?って人はこちらを先にどうぞ。 

hatena.aaafrog.com

  

 

 

 

 

Amazonの販売者アカウントの開設

まず、amazon.comに販売者用のアカウントを開設しました。

このアカウントを開けないと、販売を行えないのだそうです。

 

Amazon輸出に使うのは大口出品者用のアカウントなので、月4000円ほどの手数料が発生します。

手数料の引き落としがあるので、開設にはクレジットカードが必要になります。

 

以下から英語で住所などの必須項目を入力し、クレジットカードを登録し、電話でPIN認証を行うとアカウントを開設できます。 

services.amazon.com

 

 

Amazon輸出用銀行口座の開設

続いて、Amazonでの売上を受け取る時に必要な銀行口座を開設します。

Amazonからの入金は、Amazon指定の銀行でしか行えず、その中に日本の銀行がないため、代理で指定の銀行に口座を作ってくれるサービスを利用しないといけません

 

このサービスは『World First』と『ペイオニア』の2つがありますが、講師の方のオススメはWorld Firstなのでそちらで口座を作ります。

1000ドル以上は送金手数料が無料になったりなど、ペイオニアにはないメリットがあるのだそうです。

口座開設は無料、資金保持も無料です。

 

口座開設には住所と身分の証明が必要になるので、パスポートや免許証、公共料金の明細などの書類が必要になります。

口座開設後、World Firstの人から確認の電話が入ります

香港からの電話ですが日本語でかかってくるので、英語できなくても大丈夫だそうです。

www.worldfirst.com

 

 

Amazon輸出で売れる物の探し方(触りだけ)

amazon.comで『japan import』と検索すると日本から輸出されている商品を見ることができます。

ですが、実際にお客さんが検索するキーワードは『japan import』ではないので、『japan anime』など実際に検索されそうなキーワードを発想していくことが今後必要になるんだそうです。

 

f:id:aaafrog:20160215071744p:plain

 

けいおんがTOPにきていて、1人でハイになっていたことは秘密です。 

 

 

シリーズ一覧

関連記事はこちらからどうぞ!

 

概要

Amazon輸出とは何か、メリット&デメリット 

第1回

Amazon輸出の1年、便利な拡張機能、コスト構造、売れない物 

第2回

アカウント開設、Amazon輸出用銀行口座開設、売れる物の探し方 

第3回

Amazon輸出の送料設定 

第4回

超簡単出品方法、売れる商品の見分け方 

第5回

最低限覚えておきたいSeller Centralの見方

第6回

関連商品のリサーチ

 

専門サイトも作成しています。

amaexpo-zero.link

 

まとめ

  • amazon.comの販売者アカウントを作らないと売れない
  • 大口販売者アカウントは手数料がかかりクレジットカードが必要
  • Amazonからの入金を受け取るため、World Firstに登録する必要がある
  • World Firstの登録には本人確認書類が必要
  • 商品探しはキーワード探しから

手順の詳細も書こうかと思ったのですが、メタクソ長くなりそうなのと、クレカ止めてて作業が進まなかったので、別の機会にしようと思います。

 

 

では、今日のところはこの辺で。

嗚呼蛙でした。