かえるのごみばこ

嗚呼、学習の日々から削除した記事をためています

やらなきゃ損!検索流入をUPさせるディスクリプション設定!

f:id:aaafrog:20151120080154p:plain

みなさまごきげんよう!

嗚呼蛙でございます!

 

amazonが1時間以内に配送するサービスを開始したみたいですね。

音楽の聞き放題も始まりましたし、プライム会員でよかったなーとしみじみしております。

 

さて今日はそんな話とは全く関係ない「ディスクリプション」についての失敗談をお届けします。 

 

 

 

 

 

ディスクリプションは検索流入を得るために重要な要素

このブログもボチボチ50記事を超えてきましたし、そろそろ検索からのアクセス数も増えてきて欲しいところ。

ですが、現状は検索からここに来てくれる方はわずか4%に留まっております。

f:id:aaafrog:20151120075815p:plain

 

「もうちょっと増やしたいなー、どうしたら良いだろうなー」なんて思いながら、検索結果をチャックしていると、タイトル下の説明文(ディスクリプション)が残念なことになっているのを発見しました。

これじゃ上位に表示されたとしてもクリックしてくれる人は少ないでしょうね。

f:id:aaafrog:20151120075933p:plain

 

ディスクリプションは、設定しなければ記事本文の先頭から120字程度の文章を自動で表示するようになっています。

このブログでは、先頭からしばらくは適当な挨拶が入っているので、きちんと設定しないと上の画像のように残念な結果になるのです。

 

 

はてなブログでのディスクリプションの設定

はてなブログでのディスクリプション文章変更は、[ツールバー]>[編集オプション]内の[記事の概要]から行えます。

ここに検索結果で表示された時、ユーザーが「読みたい!」と思うような文章を入力しましょう。

f:id:aaafrog:20151120075952p:plain

 

 ディスクリプションを設定すると、検索結果に反映されます。

この文章で読みたくなるかはわかりませんが、ちゃんと表示されるのは確認できました。

f:id:aaafrog:20151120075940p:plain

 

メインサイトでは丁度いい塩梅になっているので、完全に忘れていましたね。

時間を見つけてちょこちょこ直していきたいと思います。

しかし50記事か…。辛い…!

 

検索流入を狙っているブロガーさんは見直してみてくださいね。

ちなみに、自分のサイトが検索結果でどう表示されているかを一度に確認するには、Google検索で「site:自分のブログのURL」と入力するとインデックスされているページが全部出てきます。

 

 

では、今日のところはこの辺で。

嗚呼蛙でした。